お茶を飲みながら・・・

午後のひとときのんびり映画やドラマのレビュー,ダイエットねたを書いていきます

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ジウ』シリーズ 誉田哲也

ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)
(2008/12)
誉田 哲也

商品詳細を見る

注)ネタバレに触れる記載があるかもしれませんので気になる方は読まないでください。
【 ストーリー 】
特殊犯捜査係【SIT】に所属する門倉 美咲と伊崎 基子。水と油のように対照的な2人。
白昼発生した人質籠城事件で美咲は犯人と人質に食事を運び交渉する役回りを受けるが
逆に犯人に人質にされてしまう。
その時の事件の失態がきっかけで美咲は所轄署へ飛ばされ、逆に基子はSATに栄転。
美咲が所轄に飛ばされたのには理由があった、人質籠城事件の犯人が実は
誘拐事件『利憲くん事件』の犯人一味の1人であったことがわかったことから
その事件の継続捜査をしている所轄へ飛ばされ、『利憲くん事件』を担当している
東警部補と共に事件を捜査しはじめる

事件の裏に「ジウ」と呼ばれる少年がからんでいることがわかる



現在、東野圭吾の次にはまっているのが誉田哲也
今彼の作品を片っ端から読み漁っています。

最初に読んだのは「ストロベリーナイト」本屋でみつけたとき、ビビっときたんです
これはいける!タイトルと裏のあらすじだけでゾクっときました
その同じ作者の本ということで読んだのが「ジウ」シリーズ

今回(昨日から)連続テレビドラマになったので、
見る前にレビューを書いておきます。
正直見る前ですが、期待はどうかなってところ
というのも、この誉田哲也作品というのは警察小説が多いですが
多くがかなりグロイです。その作品のグロさをいかにうまく表現できるかがポイントとなってくるのですが
テレビではそれをどこまで表現できるのか?

「ジウ」シリーズは「ストロベリーナイト」以上にグロイですし
色々問題になりそうなシーンも

まずは誘拐事件で被害者の指を切り落とすというのもそうですが
ジウ自身が受けた仕打ち。これもかなり想像するだけで背すじがぞぞっとするくらいの痛みを感じます
問題はジウはその痛みを感じない少年らしいこと。

伊崎基子がSAT初日に遭った事件と彼女がやった仕打ち。

正直これは小説ですから!です

もしこのような事件が実際今の日本で起きたら?と思うくらい
想像するとどんどん膨らんでくるゾクゾク感。
あくまでもフィクションだからこそいくらでも想像が膨らませられる。

だからこそその文章から想像し妄想しふくらませたもの以上なものがドラマとして出来上がるのか?
などなどが問題。


個人的に私はこのシリーズを通して、どんな生い立ちがあるにせよ伊崎基子という人物に共感できなかった
一方門倉美咲も
180度違う二人の女性刑事のキャラクター誉田氏はこれをうまく描いています。
あまりにも極端なキャラクターだからどちらにも共感できない
刑事というのは伊崎基子のようにストイックだけではやっていけないし、
また門倉美咲のように信じすぎるのもなんだか違う気がする。

だからどちらにも肩入れできないのですが
この二人の接点、交差する人生などが魅力的に描かれる

何よりも惹かれるのが謎の少年ジウと呼ばれる中国人少年。
華奢で女と見間違う容姿、整った容姿とは裏腹の残忍性。

その彼の背後にいると思われる宮地という謎の男
これらが

人質籠城事件、それ以前の警視庁の黒星「俊憲君事件」ここからわかったジウを追うために
廃墟さがしと偶然遭遇したもう一つの誘拐事件、事件の陰に隠されていた誘拐事件。
信金爆破事件などなど

この3冊を一気に読んでしまった

さて、ドラマではどううまく描かれるでしょう
放送コードギリギリとはいってましたが
あの黒木メイサがSATの更衣室で起きたあんなことできませんよね^^;
またまた多部未華子も、人質籠城事件ででてくるときのあの恰好はしないでしょう

ってかドラマはここからがはじまりなんだからこれはぶくと原作「ジウ」でなくなってしまう


まぁ個人的にはキャスト自体が脳内変換された人物像とは違うので
別物として楽しむとしましょうか

それよりはみなさんに本を読んでいただけたらと

著者 誉田哲也について
1969年 東京都出身
他の著書
『ストロベリーナイト』『ダークサイド・エンジェル紅鈴 妖の華』『アクセス』『月光』などがある。



ジウ 警視庁特殊犯捜査係 DVD BOXジウ 警視庁特殊犯捜査係 DVD BOX
(2012/01/06)
黒木メイサ、多部未華子 他

商品詳細を見る

ジウ〈2〉―警視庁特殊急襲部隊 (中公文庫)ジウ〈2〉―警視庁特殊急襲部隊 (中公文庫)
(2009/01)
誉田 哲也

商品詳細を見る


ジウ〈3〉新世界秩序 (中公文庫)ジウ〈3〉新世界秩序 (中公文庫)
(2009/02)
誉田 哲也

商品詳細を見る


私のおすすめの参考に→別冊 きょうの子牛
欲しい本見つかる

ぽちっ♪ ブログランキング・にほんブログ村へ   
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

じゅりまの

Author:じゅりまの
相方、デカワン二頭と猫一匹と暮らす普通の主婦

数年前「パニック障害」と放置による「軽うつ」を診断され
数ヶ月前、さらに「喘息」に・・・。
多種多様の薬を毎日飲んでいたせいなのと
外にでられず、怠惰な生活の結果
数ヶ月で20Kg近くの激太り!
スポーツジムに通い、大ダイエットを決行
元の体型に戻しました。

ここでは
映画、海外ドラマ、本などの個人的メモ(レビュー)
エンタメ系ねたと
ダイエット、美ネタ日記を綴っていきます。



応援してね

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村 美容ブログへ


最近の記事

ユーザータグ

洗顔 

読書メーター

じゅりまのさんの読書メーター じゅりまのの今読んでる本 じゅりまのの最近読んだ本

鑑賞メーター

じゅりまのさんの鑑賞メーター じゅりまのさんの鑑賞メーター じゅりまのの最近観たビデオ

    

FC2ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
515位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
231位
アクセスランキングを見る>>

MicrAd

右サイドメニュー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

美ねた

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。