FC2ブログ

お茶を飲みながら・・・

午後のひとときのんびり、思ったことをつらつらと・・・

Entries

ドラマW『推定有罪』#2

推定有罪

~STORY~
誤報の記事を書いてしまったことを篠塚(國村隼)に謝罪する加山(仲村トオル)。同時に、何故誤報を招いてしまったのか、検証する記事を書きたいと訴える。石原(黒木瞳)は条件を提示し、それをのめるのであれば記事を書いても良いと告げる。その頃、12年前に篠塚を誤認逮捕してしまった刑事・浅田(陣内孝則)は、真犯人を突き止めるべく奔走していた。石原に聞き込みをした浅田は、そこで事件の鍵を握る男の存在を知る。

~キャスト~

加山:仲村トオル
篠塚:國村隼
石原:黒木瞳
 
逃げた男(寺島進)やはり前科があり警察の要マーク人物だったようです
彼は弁護士(黒木瞳)にも近づき賠償金の一部をあわよくば!と思っているようだし
加山の記事掲載については元加害者の思いもあれば、当然被害者遺族にも思いがある。
今更元加害者が本当は犯人じゃなかった!と言われても
だったら真犯人は?今まで逮捕された男を恨み続けていた自分たちの思いはどこに行くの?
色々心のやりどころに困ると思います。
弁護士・石原が行ったように、加害者は守られるけれど被害者や被害者遺族は守られない
マスコミや世間のさらし者。
被害者なのに責めを受けたり、自らももしもあの時ああしていればという責めをおっているのに
追い打ちです
そこに本当はあの人は犯人じゃありませんでしたと言われたり
今までを打ち消す記事がでたらまた傷つきますよね。

加害者の娘もマスコミから身を隠すように名前を変えていたのに
あの政治家が会いに行ったことでマスコミにさらされる
いや、あれは故意ですね、彼がその件はお任せください!みたいに言っていたので
自分が行くことをマスコミに漏らし、わざと撮らせたのでしょう
勿論、彼女の素性も漏らしていたと思われます。

元加害者が賠償金を求めたことで、弁護士は冤罪で金儲けをしようとするなと言われ、
警察の捜査が杜撰だったのでは?と疑われ
罪を決めた裁判官までが!

一つの事件はただ起きただけでもそれぞれの人生に狂いが生じるのに
その判決が間違っていることでさらに色んな人の人生を狂わせます

娘が殺され、閉じこもってしまった父、そのお父さんが消えた!と予告でありましたが
あの裁判官の人を刺したのって?よく見えなかったんだけど誰だったんだろう?

浅田は単独で事件の洗い直しをしていますが
それを阻止しようとする上層部、真犯人が出てきたら、弁護士の言葉に耳を貸さなかった
警察の落ち度になりますよね
そのあたりがなんか「ストロベリーナイト」の誉田作品にでてきそうな動きですね~
 TSUTAYA DISCAS 無料お試しキャンペーン中!
WOWOW
DVD探すならamazon

ぽちっ♪にほんブログ村 テレビブログへ   
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

JM

Author:JM
相方、大型犬二頭、猫一匹と暮らす主婦

好きなもの
・映画
・ドラマ
・読書
・カメラ
・旅行



応援してね

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



最近の記事

最近のトラックバック

読書メーター

じゅりまのさんの読書メーター じゅりまのの今読んでる本 じゅりまのの最近読んだ本

    






楽天で探す
楽天市場



本ページの情報は2018年8月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。









ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

マクロミルへ登録

FC2ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
218位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
50位
アクセスランキングを見る>>

MicrAd

右サイドメニュー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム