FC2ブログ

お茶を飲みながら・・・

午後のひとときのんびり、思ったことをつらつらと・・・

Entries

『鍵のかかった部屋』貴志 祐介

鍵のかかった部屋鍵のかかった部屋
(2011/07/26)
貴志 祐介

商品詳細を見る

【ストーリー】
女性弁護士・青砥と防犯コンサルタントで泥棒?の榎木による、密室殺人事件シリーズ第三弾
表題作の他に「佇む男」「歪んだ箱」「密室劇場」


「硝子のハンマー」「狐火の家」に続いての3作目
今度嵐の大野君でドラマ化されるようですが
青砥弁護士が戸田恵梨香!!!???????
う~ん若すぎるでしょう。
大野君にしても榎本も若すぎる。

イメージに合わないのですが
読んでいる間は自由な妄想で読んでみた。
ただ、誰がキャスティング?と言われると浮かばないのですよ^^;

ドラマタイトルは「鍵のかかった部屋」ではありますが
「ストロベリーナイト」の時のように著者のこのシリーズをいくつかもってきて
1話もしくは2話完結という形で進めるのでしょう

ってドラマの予想はおいておいて、

実は泥棒!な防犯コンサルタントの榎木が弁護士の青砥と
基本密室殺人!の謎を解き明かすのですが
今回も色んな密室がでてきました。
物語というより密室性で面白いと感じたのは
冒頭の「佇む男」
うまい!いやあ手の込んだ事をするものです、
なるほど、亡くなった後の死後硬直を考えての発想の転換。

次は表題作「鍵のかかった部屋」ですかね
「歪んだ箱」は密室の作り方としては面白かったのですが
あの歪んだリビングのドアを閉める方法というのがちょっと時間がかかるのではないかな?
そうなると細工している間誰にも見られずに本当にできるのか?という謎が残ってしまう。

殺害された男も確かにむかつく男ではあるけれど
咄嗟の殺意というより
明らかに念入りに計画された殺人というのがどうも納得いかない
欠陥住宅を正当に訴えたところできちんとお金が返ってこないというのはわかりますが
だからといって殺していいという事にはなりません。

ラストの「密室劇場」はあまりにも蛇足すぎました。
劇団というのはああいうものなのかもしれませんが
あまりにもシュールな世界すぎて笑えない。
 



著者 について
1959年 大阪府生まれ。
他の著書
『黒い家』『十三番目の人格 ISOLA』『クリムゾンの迷宮』『天使の囀り』などがある。


鍵のかかった部屋 Blu-ray BOX鍵のかかった部屋 Blu-ray BOX
(2012/10/10)
大野智、戸田恵梨香 他

商品詳細を見る

私のおすすめの参考に→別冊 きょうの子牛
欲しい本見つかる

ぽちっ♪ ブログランキング・にほんブログ村へ   
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

JM

Author:JM
相方、大型犬二頭、猫一匹と暮らす主婦

好きなもの
・映画
・ドラマ
・読書
・カメラ
・旅行



応援してね

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



最近の記事

最近のトラックバック

読書メーター

じゅりまのさんの読書メーター じゅりまのの今読んでる本 じゅりまのの最近読んだ本

    






楽天で探す
楽天市場



本ページの情報は2018年8月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。









ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

マクロミルへ登録

FC2ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
218位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
50位
アクセスランキングを見る>>

MicrAd

右サイドメニュー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム