FC2ブログ

お茶を飲みながら・・・

午後のひとときのんびり、思ったことをつらつらと・・・

Entries

《新》『鍵のかかった部屋』#1

鍵のかかった部屋


~STORY~
東京総合セキュリティに勤める榎本径(大野智)は、弁護士・青砥純子(戸田恵梨香)に頼まれ、純子の先輩弁護士・芹沢豪(佐藤浩市)とともに密室事件の現場にやってきた。そこは、葬儀会社の社長・大石の遺体が見つかった山荘だった。警察は、山荘が密室だったこと、大石が末期のがんを患っていたことから自殺と断定。しかし、大石の友人・円山と司法書士・日下部(堀部圭亮)は疑念を抱き、芹沢に調査を依頼したのだ。榎本らを山荘に案内した日下部は、遺体を発見した日の状況を説明し始めた。
その日、日下部は、大石の甥で葬儀会社の専務・池端(風間杜夫)と山荘を訪ねた。窓から部屋を覗くと人影が見えたため、窓を破って室内に入ると、大石が部屋のドアを背にして体育座りのような姿勢で死んでいた。遺体は腐敗が進みウジがわいていたという。脚の前には重厚なガラスのテーブルが置かれ、そのテーブルはどっしりとしたソファで固定され、ドアには天井から床まで白幕が張られ、遺体はその上に座っていた。

後日、純子は、芹沢を連れ、榎本の会社を訪ねた。「備品倉庫室」と書かれた部屋にいた榎本は、山荘を再現した模型をふたりに見せた。榎本曰く、窓は施錠され部屋は完全に密室だった。唯一の侵入経路となるのはドアだが、犯人が大石を殺害しドアの前に座らせることはできても、その前に重たいテーブルとソファを移動させ、その後退出することは不可能だと言う。しびれを切らした芹沢は、自殺だと言ってくれ、と懇願するが、榎本はこれまでとは違う次元の発想が必要だとつぶやく。

~キャスト~

榎本径:大野智
青砥純子:戸田恵梨香
 
先に原作のレビューを書いていますが、
事件に関しては原作どおりだと思いますが
登場人物や背景というかが全然別物になってる!

嵐の大野君というアイドルを主役にもってきて
元は泥棒(いや現役)の役はやらせられないと思ったのか?
それともこの先にそういうエピソードもでてくるのか?

青砥弁護士はフリーでというか個人で動いていて上司はでてきませんし
榎本にしても青砥にしても若すぎる!
青砥は天然であっても、バカっぽくはない
なんというか全然キャラが違いすぎる!ので

これは原作と切り離してみるべきではないかな?と思い直しています

原作はそれなりに面白く読めていましたが
ドラマ化の利点は密室トリックの解き方で文章だけでは想像がつきにくい場合に
映像だとわかりやすい!ということ
その点ではおもしろくみられるかもしれません。

今後の二人の演技に期待!

ちなみに榎本は寡黙ではありませんよ
単にイヤミなヤツなだけです

  TSUTAYA DISCAS 無料お試しキャンペーン中!
 
DVD探すならamazon

ぽちっ♪にほんブログ村 テレビブログへ   
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

JM

Author:JM
相方、大型犬二頭、猫一匹と暮らす主婦

好きなもの
・映画
・ドラマ
・読書
・カメラ
・旅行



応援してね

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



最近の記事

最近のトラックバック

読書メーター

じゅりまのさんの読書メーター じゅりまのの今読んでる本 じゅりまのの最近読んだ本

    






楽天で探す
楽天市場



本ページの情報は2018年8月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。









ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

マクロミルへ登録

FC2ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
39位
アクセスランキングを見る>>

MicrAd

右サイドメニュー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム