FC2ブログ

お茶を飲みながら・・・

午後のひとときのんびり、思ったことをつらつらと・・・

Entries

『鍵のかかった部屋』#6

鍵のかかった部屋
~STORY~
榎本径(大野智)は、青砥純子(戸田恵梨香)に誘われて、水城里奈(能年玲奈)が出演する「密室に囚われた男」という舞台を見に来た。それは、パフォーマンスと演劇に分かれた舞台だった。
観劇後、下手(しもて)の楽屋に里奈を訪ねると劇団員たちの様子が慌ただしい。楽屋で薬師寺(山中聡)というパフォーマーが撲殺されていたのだ。
その後、容疑者に里奈の恋人でパフォーマーの井岡(桐山照史)が浮上した。純子から事件のことを聞いた芹沢豪(佐藤浩市)は、度重なる密室事件にうんざりしながら、榎本を呼べと指示する。
榎本、純子、里奈が劇場を訪ねると演出の畑山(堀内敬子)、脚本家兼パフォーマーの鬼塚(坂本昌行)が迎えた。純子は、楽屋には上手(かみて)と下手があるのに、なぜ薬師寺だけが下手にいたのか、と尋ねる。鬼塚はそこが薬師寺専用になっていたと明かす。薬師寺の楽屋に行くには、売店があるロビーを通るか、舞台上を横切るしか方法がない。しかし事件発生時、演劇が上演中で客席には200人の観客がいた。外部からの侵入の形跡もない密室状態だった薬師寺の楽屋に、犯人はどうやって侵入して殺害し、誰の目にも触れず逃走できたのか。  


~キャスト~

榎本径:大野智
青砥純子:戸田恵梨香
 
えぇ実際青砥&榎本防犯シリーズでの中でもっともつまらないと思っていたので
どう映像化として料理するか楽しみではありました

作品の方は滑稽といえば滑稽でもそれを通り越して度を越している感じだったのですが

原作では、もっと遺体をひどい扱いしていたような。
青砥とその劇団の関係、劇の内容や、犯人が殺人に至った動機!などは
あまりにもそのまま描写するのは忍びなかったのか
変えてありましたが、密室のトリックだけは作者に敬意を表してまんま使ったんでしょうねぇ

でも、やっぱり今までの中では自分の中ではワースト1かなぁ
原作も面白いのとそうじゃないものありました、
貴志さんの作品は結構好きだったんだけどこのシリーズだけはね
評価に幅があります、ギャップが激しい。

このドラマも期待して見始めたけれど
なんかトーンダウンしていってる気がします。
視聴率の方はどうなってるのかな?


TSUTAYA DISCAS 無料お試しキャンペーン中!
 
DVD探すならamazon

ぽちっ♪にほんブログ村 テレビブログへ   
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

JM

Author:JM
相方、大型犬二頭、猫一匹と暮らす主婦

好きなもの
・映画
・ドラマ
・読書
・カメラ
・旅行



応援してね

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



最近の記事

最近のトラックバック

読書メーター

じゅりまのさんの読書メーター じゅりまのの今読んでる本 じゅりまのの最近読んだ本

    






楽天で探す
楽天市場



本ページの情報は2018年8月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。









ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

マクロミルへ登録

FC2ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
39位
アクセスランキングを見る>>

MicrAd

右サイドメニュー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム